ネットワークビジネスとねずみ講は違います

「ネットワークビジネス」の由来とネズミ講との違いについて知っておきたいこと!

ネットワークビジネスで、あなたはどんな夢を叶えたいですか?

ああ!旅に行きたいわ!

ネットワークビジネスの普及

現在、インターネットとパソコンという優れたものが普及して、
ネットワークビジネスに関わっている人が多くなりました。

ネットワークビジネスと、悪名高いネズミ講との違いが理解されてきた
ことも大きな原因の一つでしょう。

自宅で、空いた時間に、難しいスキルがなくても、多くの資金がなくても、
老若男女の方が在宅で出来る仕事として人気があるようです。

ネットワークビジネスの由来

元を正せば、ネットワークビジネスという手法は、欧米ではマルチレベル・
マーケティング(MLM)という流通システムのことなのです。
日本でも、今もそのように呼ばれていいます。

言葉のニュアンスで、ネットワークビジネスは、網目状の組織、個人と個人
の繋がりを活用してビジネスを展開していくという意味合いがあります。

一方、同じ内容のMLMは、マルチ=多面的なレベル=階層、
マーケティ&ング=商法~「いろいろな階層が物品を販売するシステム
という意味になります

MLMは1930年代にアメリカで誕生し、
合法的な訪問販売の一形態として定着しました。

このMLMの特徴を真似て現れたのが、
悪名高いピラミッド商法、この販売システムは、
「儲かります」と人々を勧誘し、参加者の大半に損失をださせる
詐欺的な商法でした。

日本には1960年代にアメリカからMLM企業が上陸しますと、すぐさま
ピラミッド商法も上陸してきたのです。
そのために、日本では、MLMとピラミッド商法の区別が出来ないまま、
「悪徳マルチ商法」と誤解されたという不幸な時期がありました。

違法性の高ピラミッド商法は、日本でもすぐに被害者を出し社会問題に
なりました。時期を同じに、日本でもネズミ講が横行していましたので、

「マルチ商法=ネズミ講=悪徳商法」のレッテルが貼られ,不幸なこと
MLMもこの中に組み込まれたのです。

日本の行政も、間もなくピラミッド商法に規制を出して1976年に、
「訪問販売法・現「特定商取引法」を施行して悪徳マルチ商法の規制を
かけたのです。

ネコパソコン
【ネズミとりネコも一休みです)

本来のMLMは、マルチ商法=悪徳商法との誤解を受けながらも、強固な
存在価値を発揮して発展を続けました。

けれど、「マルチ=悪徳」の評判が余りにも高かったために、区別する
意味で「ネットワークビジネス」の呼称を積極的に使うようになったのです。

MLMはアメリカで誕生した無店舗型販売法の一つで商品の愛用者(消費者)
が同時に販売員を兼ねるという方式を採用することで独自の販売システムを
確立したのです。アメリカでは合法ビジネスとして認知され、MLM大手が
企業ランキングでトップクラスも少なくないそうです。

「ネットワークビジネス」とはMLMの別称であり、商品の愛用者が自分の
人的繋がりを口コミ、今は口コミをしないでインターネットを利用して販路
を開拓していく方式のビジネスです。
その手法は企業によってそれぞれ異なっています。

「ネットワークビジネス」、「MLM]がピラミッド商法、ネズミ講とは
全く異なる「特定商取引法」に規定された、合法的ビジネスであるという
ことをご理解いただけたと思います。

ご安心下さいね

現在、子育て中の若いお母さんはお小遣い稼ぎに、サラリーマンやOLも
ちょっと自分のために、、退職後のシニア世代~シニア世代の方の多くは
年金+αで暮らしを豊かにするために、とご自分の経験を生かしながら参加
し、活躍されています。

''年金の減額、増税も平気!キラキラ輝くセカンドライフを楽しむ方法!''

イキイキ年金世代を!